男のベーシック.com

プレーンで、ベーシックでセンスの良いモノを紹介するメディア

一番勢いのあるデニムメーカー、リゾルト(RESOLUTE)とは?

   

リゾルト(RESOLUTE)

ロフトマン等、感度の高いショップでもちらほら見るようになってきたので名前を知っている方も多いかもしれません。

リゾルト

http://zabou.org

日本発のデニムメーカーです。

 

 

デニム

http://img02.shop-pro.jp

デニムといえば、やっぱりアメカジのイメージでしょうか。

とはいえ、最近ではヤコブコーエンやPT、インコテックスなど、ドレス寄りのデニムも増えてきています。

デニムの使い方がかなり広くなってきた印象はありますよね。

 

 

リゾルトが目指すもの

RESOLUTEが目指すのは、トップスとシューズを選ばない、どんなコーディネートにも合わせることができる、いわば「道具」としてのデニム。デニム=アメカジにとらわれることなく、仕立ての良いジャケットやコート、ドレスシャツにタイドアップといった大人のデニムの着こなしにもしっかりフィットするパンツを目指しています。

上記は公式サイトから引用。

アメカジに限らず、ドレスにも着れる、非常に非常に使い勝手の良いデニムを目指しているんですね。

 

 

僕は、

インディビのシャツを着るけど、THEアメカジは苦手だし、

インコテックスは履くけど、THEイタリアの男みたいなのは敬遠しちゃう面倒くさい男ですので、

リゾルトみたいなどちらの雰囲気でもないアイテムは大好きです。中立的というか、プレーンな感じがいい。

 

 

パラブーツとか、JM WESTONとかフレンチものとすっきり合わせたいなぁ・・・

絶対かっこいいと思うの。

 

 

 

リゾルトの特徴

こまめに洗濯すること

「ジーンズは洗わない」という考え方が身についている方多いんじゃないでしょうか?

レプリカジーンズを通った方なんかに多いですね。

 

それもまた美学なのですが、どうしても洗わないデニムは黄色みがかってきてヴィンテージ感(=アメリカ感)が出てしまいます。

 

道具としてのデニムを提唱するリゾルトは「きちんと洗いましょう」と提唱されています。それがデニムの寿命のためにもいいですからと。

 

 

生地感

ドレス寄りにも使えるとはいえ、生地はざらっと毛羽感のある生地です。これはデニムメーカーとしての意地でしょうか?

リゾルト

genky.jp

私はつるっとしたデニムも好きですが、このリゾルトのざらっとした生地も気に入っています。

 

 

 

リゾルトを使ったコーデ

リゾルト

naver.jp

色落ちがすごい!

どれくらい履きこめば・・・

 

リゾルト

wear.jp

まだまだリジッドですが、男くさくていいですね。

 

リゾルト

mens.tasclap.jp

少しドレス寄りな使い方ですね。

 

リゾルト

cinqessentiel.com

こちらはわりとカジュアル目。

ミスれば野暮ったくなりそうですが、リゾルトの綺麗なシルエットが全体の印象をスッキリさせてます。

 

リゾルト

zabou.org

綺麗なコーデですね。ジャケットやスカーフも違和感ありません。

 

リゾルト

wear.jp

打って変わって、女性です。

可愛い・・・

 

リゾルト

wear.jp

ラフに着ても、やはり綺麗にまとまりますね。

こういうベーシックな着こなしは、やはりアイテムの品質が大きく関わると思います。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか、リゾルト。欲しくなりましたよね。ぼくはなりました。

そもそも値段もお手頃ですし。

 

 

これからどんどん人気になっていくでしょうし、一足先に色落ちした可愛いリゾルトを作ってみてくださいね。

 

Amazonでも公式リゾルトが販売しています。

↓のリンクは一番人気の710(細身のストレート)です。

 - アイテム, パンツ